演出の方向性を決める

演出の方向性を決める

演出の方向性を決める 自分の理想とする結婚式を挙げるためには、結婚式場との打ち合わせで演出の方向性を話し合うのが大切です。
そのためにはまず結婚式場との打ち合わせをする前に、自分がどんな演出をしたいのか外せないポイントを整理して話し合っておくのがおすすめです。
その場で考えるとしたかったことを忘れてしまう可能性もありますし、担当者のおすすめのまま決めてしまうと自分らしい式が作れない可能性もあります。
どれだけでも自分の希望を叶えるという意味でも、これまで出た結婚式の中で憧れたものや、インターネットなどで見たかわいい飾り付けなど、メモをして担当者に伝えるのがおすすめです。
そうすることで自分が選んだ結婚式場で実現可能なのかどうか、そして実現するとしてもどのような方向性にするのかなどをスムーズに話し合うことが出来るようになり、準備もよりスムーズに進みます。
限られた時間の中で自分が外せないことを絶対にするためにも、まずは家で方向性について2人で決めておくことをおすすめします。

結婚式場を選ぶ打ち合わせでは予算もしっかりと聞く

結婚式場を選ぶ打ち合わせでは予算もしっかりと聞く 結婚式を挙げることを検討する時、どこに依頼をするのかは最も大事なポイントの1つです。
結婚式場を選んで内容を詰めていきますが、意外と言い出しにくいのが予算についてです。
どれくらいのお金が必要なのかは多くの人にとって最大関心事ですが、どこまで聞いていいのかがわからなかったり、要望を押し通すことにためらいを感じる人は少なくありません。
しかし、はっきりと打ち合わせの時に言っておく方が何かとスムーズです。
迎える結婚式場としてもお金のことははっきりさせておきたいところなので、率直に意見や疑問をぶつける方がむしろ喜ばれます。
大まかな見積もりをまずもらっておいて、その後細かなオプションで追加料金がかかるのかなどを詰めていくのが一般的です。
途中で追加料金が必要なことを考えれば、最初は目一杯の金額ではなく少し余裕を持っておくのがうまく進めるコツです。
全体のバランスを考えて、自分たちの優先順位からどこにお金をかけるのかを考えたり、予算の増減も検討に入れるとスムーズにいきます。